蝉丸閑話(せみまるかんわ)

甲斐犬「蝉丸」のブログです。 2010年7月17日、我が家にやって来た蝉丸をめぐる日常を綴っていきます。  不定期更新ですm(__)m

狂犬病予防注射

先月、桐生市役所より「狂犬病予防注射」のお知らせ葉書が届きました。

狂犬病予防注射は、春と秋の年2回実施とのこと


蝉丸は7月に高崎市から転入してきた~犬にも転入届がいるんです~ので、秋の実施対象になったようです。


10月中旬に、蝉丸を近くの会場につれていって、注射をしてもらおうかと考えていましたが、

会場をキャンセルし蝉丸のかかりつけの動物病院を決めて、そこで予防注射をしてもらうことに。

早速、市内の動物病院の評判を収集。


ペットを飼っている知人を始め、行きつけの犬好きの床屋の親父さん等々にヒアリング。

その結果、2件の動物病院が候補にあがりましたが、我が家から近いこの動物病院に決定。

http://gunma-animalhospital.livedoor.biz/archives/50398184.html


そして本日、蝉丸を連れて予防注射に行ってきました(^^ゞ

午前9時に自宅を徒歩でスタート。

動物病院は自宅から1.5kmなので、散歩がてらに行くにはちょうど良い距離です。

20分ほどで病院に到着。


玄関から蝉丸を待合室に入れようとすると、蝉丸は足を踏ん張って入室を拒否。

消毒薬の匂いが漂っているので、敏感に気配を察知し、警戒しているようです。


無理矢理リードを引っ張り入室。

先客が何人かいました。

受付表を書いている間にも、蝉丸は外に逃げようとリードを引っ張ります。

仕方ないので、体を押さえて、椅子に座って順番待ち。


しばらくして、看護婦さんが「蝉丸ちゃ~ん」と。 蝉丸の順番です。


診察室に入室しようとすると、蝉丸は更に激しく入室拒否。

踏ん張ったまま、引きずられる格好で診察室に。


「診察台に乗せてください。」

先生の指示で、飼い主が蝉丸を抱えて診察台に乗せます。

蝉丸はうつむき加減ですっかり観念状態ですm(__)m

蝉丸の体を押さえていると、蝉丸の緊張状態が手に伝わってきます。

ドクッドクッと心臓の鼓動が激しく、呼吸もゼェーゼェー・・・・


(多分)医者嫌いかつ初めての病院なので、緊張状態もひときわ高いようです。


ドクッドクッドクッ・・・ゼェーゼェーゼェー・・・・

その様子に先生も「だいぶ緊張しているようですねぇ」と・・・(笑)


まず最初に体重を測定すると、11.4kg。今年の6月の体重が11.2kgだったから、ほぼ横ばい。

次に口を開けて、歯茎や舌をチェック。「血色も良く、異常なし」

そして、体温測定。肛門に体温計を挿入します。

先生が「はい、入れますよ~ いいかな~」(犬は言葉がわからないんだけど・・・・(*注)

蝉丸がクフーンと鼻から息を・・・・・・

蝉丸の弱点発見(*^_^*)

しか~し気軽に触れない場所でもある・・ (^_^;)(^_^;)(^_^;)

体温は、39.3度。

犬の平熱は38度台だそうなので、ちょっと高めです。

きっと緊張しているためでしょう。


最後に予防注射です。

先生が「はい、いたくないからね~ 大丈夫だよ~」(・・・・先生、犬語でお願いできますか(^o^)(*注)

(*注) 蝉丸は、自分の名前と「待て」「来い」「良し」のみ理解できます・・・多分・・・m(__)m

蝉丸は興奮して、アドレナリンがドクドク状態のため、痛みを感じないようです。

蝉丸の反応がないまま、いつの間にか注射完了。


診察台から蝉丸をおろす際、先生が蝉丸の前脚をみて、「爪が伸びていますねぇ」と。。

狼爪(おおかみづめ)または鬼爪(おにづめ)という爪が伸びていました。


これまで気にとめていませんでしたが、放っておくと伸びすぎて、

歩行の際に前脚の皮膚をやぶり、怪我 → 化膿の原因になるそうです。

飼い主には経験がないため、先生に爪切りをお願い。

ニッパーで簡単に切れました。次回からは飼い主が自分でできそうですね。


注射が完了した後、経過観察のため待合室で10分ほど待機することに。

ちょうど患者(患犬?患猫?患鳥(笑)?)も途切れたところだったので、その間先生としばしの雑談。

蝉丸の出自とか飼っている環境、餌、散歩・・・・

さすがに知識が豊富で、説明内容も理路整然です(当たり前か・・・)


先生は白髪の推定60歳前後の男性。

真面目な風貌にもかかわらず、雑談の口調はどことなくのんびりとしてユーモラス。

・・・枯れた「ぼのぼの」のようです。

そういえば看護婦さんはちょこちょことこまめに動き回り、「ぼのぼの」の相棒「シマリス君」ににているゾ。

評判が良いのは、きっとこの辺にあるんでしょう(もちろん腕も確かです)


獣医ドリトル、ではなく獣医「ぼのぼの」。

またお邪魔します。

気疲れした一日でした。
DSC_0265_1.jpg

夕飯後、早々とねぐらに・・・「蝉丸ハウス」・・・お気に入りのようです。
DSC_0275_1.jpg


ではまた


スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/27(土) 23:59:30|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

桐生ゑびす講

毎年11月19,20日には、地元桐生の西宮神社で「ゑびす講」が開催されます。

我が家では、毎年お札を買い換えていることから、20日(土)に蝉丸を連れてお札をもとめに行くことにしました。


多分、蝉丸は人混みの中を歩いた経験が無いと思い、当日は朝早めに自宅を出発。

西宮神社は、自宅から約3km。散歩にはちょうど良い距離です。

初めての散歩コースのため、蝉丸は興奮気味。

あちこちで片脚をあげて、マーキングをしています。

途中寄り道をしたため、目的地に着く頃には、脚を上げても、ぽたぽたと滴がたれる程度。

すでに蝉丸のタンクも空っぽのようです。


人混みを避け、裏道を通り神社に到着しましたが、すでに参拝客で境内は一杯です。

DSC_0212_1.jpg

お賽銭箱の前にはすでに行列ができはじめていたため、参拝はパス(^_^;)し、お札のみを購入。

一つ1500円とは・・・・ なかなか良い商売です。

さすがゑびす様、商売上手です。

DSC_0215_1.jpg

帰路は蝉丸に人混みを経験させるため、いわゆる参道を通りました。

「イカ焼き」「たこ焼き」「チョコバナナ」「今川焼き」・・・色々な屋台が建ち並んでいます。

食べ物の匂いが洪水の様に押し寄せてきます。

蝉丸は匂いに釣られて、興奮気味。

両脇の屋台をふらふらと・・・脚下の定まらない酔っぱらいのようです。


人通りもあり、蝉丸が屋台にマーキングでもしたらマズイと思い、リードを短めにしようと思った矢先に。

前を歩く人が食べていたたこ焼きが蝉丸の目の前に落ちてきて・・・「パクッ」・・・食べちゃいました・・

落ちたばかりで新鮮でしょうけど・・・もっと落ちていないかと地面を嗅ぎ回っています。

強引に引っ張り、人混みを脱出し、無事帰宅できました。


当日夕方、蝉丸をつれて河川敷の公園に散歩。

今日はだいぶ運動したので、散歩も簡単にすませようと思いながら、蝉丸のを始末していたとき。

普段であればリードをしっかりと踏んで蝉丸の動きを封じながら始末をするんですが、

たまたまリードを軽く手に握って始末していたら、蝉丸が急にダッシュし、リードが手から離れてしまいました。

公園には、家族連れで遊んだり散歩している人がかなりいたため、飼い主も焦って、走って後を追いかけました。

「蝉丸、待て、待て」追いかけても差は開くばかり・・・速い、速い。さすが甲斐犬。

でも感心している場合じゃない。。


100mくらい追いかけ、飼い主の足下が覚束なくなってきた頃、

やっと蝉丸は公園の植え込みで止まりました。

地面を嗅ぎ回っています。他の犬のオシッコを嗅いでいました。

危機脱出です。

帰宅して、家の者にこの話をしたところ、

「(蝉丸の脚が速いのは)当たり前じゃない。蝉丸には脚が4本あるのよ。。」

家の者の理解では、・・・脚の速さは、脚の数で決まるそうです。

だったら、ムカデはF1マシンか・・・

と思い、切り返そうとしましたが、時すでに遅し。

間が空きすぎました。

最近、頭の反射神経が鈍くなっています。

頭髪の量と反射神経の反応速度は比例するようです(^_^;)

でも、「F1ムカデ」。

想像すると、ちょっとくすぐられます。



視線の先には、・・・おやつです(笑)

DSC_0229_1.jpg

今日は満足。

DSC_0224_1.jpg

ようやくお座りできました(^o^)

DSC_0209_1.jpg

アクティブな一日でした。
来週末は、狂犬病の予防注射です


ではまた




テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/20(土) 22:07:49|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の名前 >^_^<

チョコ、ココ、マロン、モモ、ココア・・・・・

これって何だと思いますか。

ペット保険大手の「アニコム損害保険」が調査・集計した「犬の名前ランキング2010」の1位から5位までの犬の名前です。

圧倒的にカタカナというか、洋風の名前ばかりです。

犬種別で「柴犬」のランキングを見ると、

コタロウ、ソラ、コテツ、コロ、ハチ、リク・・・

和風の名前が中心。

やっぱり日本犬には、和風の名前がよく似合います。


飼い主の周辺にいる犬を見渡すと、

マルチーズのティアラ、モモちゃん、

レトリバーのジョン、

柴犬の太郎と次郎 → 兄弟です(^^)

コリーのバロン(「男爵」かよ!!)

といろいろな名前の持ち主(持ち犬?)がいます。


蝉丸を連れて散歩をしていると、よく聞かれることがあります。

「なんていう犬ですか?」

飼い主「甲斐犬です。」

「名前は??」

飼い主「蝉丸です。」

反応① 「はぁ・・・そうですか。(ここで会話がとぎれます)」

反応② 「『坊主めくり』ですか。」 または 「百人一首に出てくる人ですね。」

反応①が圧倒的に多いです。


実は・・飼い主も初めて「蝉丸」という名を耳にしたときに、「忍者?・・・」と思いました。

~色が黒い = 闇に紛れる忍者みたい、それにかなり昔に「伊賀野カバ丸」というアニメがあり、「カバ丸」と「蝉丸」が少しリンクしたようです。~


いったい「蝉丸」っていう名の由来はなんでしょうか?



「蝉丸」でググってみると、真っ先に目につくのが小倉百人一首にでてくる歌人「蝉丸」です。

この「蝉丸」さん、歌人であり、かつ琵琶の名人だったそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%89%E4%B8%B8

http://homepage3.nifty.com/kyotosanpo/kyotodensetu/konjyaku/ousaka.html


琵琶の名人・・・・琵琶は弦楽器・・・・前の飼い主はベースやギターがすごい上手だった・・・

それじゃぁ「Larry」や「Eric」っていう名前はどうかなぁ??・・・なかなかヨロシイ・・・

でもベースやギターは洋楽器・・・・蝉丸は日本犬だし、ちょっとカタカナの名前は・・・・・

・・・じゃぁ日本の弦楽器で考えると・・・・琴、三味線、琵琶・・・・・・

・・(高橋)竹山・・・ダサッ、ダメッ・・・ググってみよ!!・・・・・・・

琵琶の名人で「蝉丸」ってあるぞ・・・・ちょっとかっこいい名前だなぁ・・・

・・・蝉丸、蝉丸っと・・・語感もいいし・・・決~めたっと!!!

こじつけですけど、こんな具合で名前を決めたんでしょうか。


ちょっとCoolな名前です。


でもちょっと待てよ~。

「蝉丸」でググった中に、「蝉丸p(プロデューサー)」ってのもあります。

http://www.higan.net/blog/bouzu/activity/cat401/semimarup_1/

このひと、「仏教からマンガ、ゲーム、ヲタク文化、そしてなぜか武具まで幅広いテーマ」に精通していて、

「ニコニコ動画」に「仏具で演奏」なんていうのも投稿しているぞ。。。

前の飼い主と少しかぶるところがあるような・・・・結構以前からネット界で活躍しているらしいゾ(^_^;)


蝉丸の現在の飼い主としては、甲斐犬のイメージもあるし、・・・「歌人 蝉丸」が名前の由来であればいいなぁ~~・・・

と思うんですが、もしかしたらeccentric坊主が由来かなぁ・・

・・・と、11月11日とぞろ目の本日、秋の夜長に徒然と思いを巡らしてしまいました。


ではまた


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/11(木) 23:11:11|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

てもみん(*^_^*)

犬のお腹は毛が薄く皮下に内蔵があるため、容易に人(敵)に見せることはないそうですが、

最近の蝉丸は、喜々としてお腹を見せるようになってきました。

その訳は・・・・

マッサージです。

最初は犬にマッサージなんてと思っていましたが、前脚や後ろ脚の筋肉をモミモミしてあげると尻尾を振って喜ぶので、

早速ネットでググってみると、

http://www.koinuno-heya.com/massage/partial.html

このサイトの説明が一番わかりやすいようです。


休日には、時間をかけてマッサージ。

最近では、蝉丸が自分で体の向きを変えるようになってきました。

でも失敗もあります。

以前飼い主が、軽いぎっくり腰で整体にいった際、ゾウキンをしぼるように、肩と腰を正反対の方向にねじられると、背骨がボキボキと鳴る爽快感を味わえたので、蝉丸にもチャレンジしてみました。

蝉丸を横向きに寝かせて、後ろ脚を押さえ、前脚をもって、体をねじろうとしたら・・・キャイーンと鳴いて・・・・多分・・・・・怒りましたm(__)mm(__)m

四股の自由が奪われ、更には変な具合に体をねじられてびっくりしたんでしょうか。

それ以来蝉丸のゾウキン絞りは控え、通常のマッサージに専念しています(^_^;)

マッサージを終えると、蝉丸はしばし放心状態。

そして、飼い主の手は、犬脂がべっとり。蝉丸は脂肌なんでしょうか。。

さすがに犬臭い・・・・

気のせいか、蝉丸の毛の艶がよくなってきたようです。

けっして、飼い主の手脂のせいではありません(#^.^#)

前脚のマッサージ中
DSC_0197_1.jpg

マッサージ終了 しばしの放心・・
DSC_0200_1.jpg

ピッカピカ
DSC_0191_1.jpg


今日の昼間、飼い主が河川敷の公園を蝉丸に引っ張られて、ジョギングをしているときのこと。

三歳くらいの女の子とその母親が、「がんばれ~~~」と声援を送ってくれました。

一瞬、飼い主に向けられた声援かと思いましたが、全くの勘違い。

飼い主をグイグイ引っ張る蝉丸を応援しているんですね。

声援に応えて、手を振らないでよかったです。

ではまた







テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/07(日) 11:49:22|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

semimaru

Author:semimaru
甲斐犬「蝉丸」です。
よろしく(゜)(。。)ペコッ

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ペット (368)
日本犬 (1)
甲斐犬 (2)
蝉丸 (365)
未分類 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR