蝉丸閑話(せみまるかんわ)

甲斐犬「蝉丸」のブログです。 2010年7月17日、我が家にやって来た蝉丸をめぐる日常を綴っていきます。  不定期更新ですm(__)m

犬のヘソ


110625_0637~01


近所の猫です。


実はこの猫、飼い主が一人で近くを通るといつもすり寄ってきます。

飼い主がしゃがんで体を撫でようとすると遠ざかってしまい、

立ち去ろうとするとまたすり寄ってきます。

今朝、やっと頭を撫でることができました。


なかなか可愛いです。

犬は飼い主に忠実ですけど、猫は気まぐれ。。

どちらも良いもんです。


でも我が家に帰ってきたら、蝉丸が飼い主の手や足をクンクンクンクン。

猫に浮気したのがばれちゃったようですm(__)m


実は、飼い主は来月から、毎週水~金曜日は東京勤務になり、

すでに今月からその準備もあり、水曜日以降は蝉丸と離ればなれの状態なんでした。

そのせいもあり、金曜日の夜に帰宅するとワンワン、クンクンとなかなか大変です(*_*)

DSCN0714_147.jpg


そこできょうは、早朝の散歩の後、

スキンシップと蝉丸の体の汚れ落としを兼ねて、

蝉丸をデッキに寝かせて、ブラッシング&絞ったタオルでゴシゴシと・・・・・


するとお腹の一部に毛が生えておらず、白い皮膚が見える部分が・・・

ハゲ、禿???

触ってみると、その部分だけ腹筋がくぼんでいます。


ヘソらしいです。


人間のものほど、はっきりとはわかりませんが、きっとヘソです。

犬も哺乳類だからヘソがあるのは当たり前なんですが、

なんだか新しい発見をしたようです(^.^)


さらに蝉丸の体を拭いていくと、

お○ん○んの脇に、黒い粒のようなものがついています。

ダニが血を吸って膨らんでいるのかと思いよく観察すると・・・ホクロでした。


さらにさらに周辺を観察すると、

蝉丸のお○ん○んの両脇に、なんと、計4つのホクロがあります。

それもお○ん○んを中心に、チンメトリー、いやっシンメトリー(左右対称)の配置です(^.^)


う~~ん・・・・オッパイかなぁ・・・・・・

でも場所が不自然すぎるし・・・・・・・

やっぱりホクロなんでしょう(*^^)v

そのものにある訳じゃないけど・・・・

蝉丸って・・・・・もしかして、絶倫犬??

う~~ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(蝉丸の寝姿、4連発)
DSCN0685_143.jpg

DSCN0686_144.jpg

DSCN0707_145.jpg

DSCN0711_146.jpg



ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/25(土) 17:22:41|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

犬の諺(ことわざ)

****************************************************
子供が生まれたら犬を飼いなさい

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう

そして子供が青年になった時、自らの死をもって命の尊さを教えるでしょう
****************************************************

これって、英国の諺らしいです。

ちょっとジーンとするような諺ですね(T.T)(T.T)(T.T)

実は、犬に関する諺を探しているうちに見つけたものです。


事の始まりは、数日前の散歩の時、

河川敷の公園に向かう階段を蝉丸が降りていく際に、

暑さで目眩(めまい)でもしたのか、前脚をズルッと・・・・

見事に踏み外してしまいました。


とっさに頭に浮かんだのが、「猿も木から落ちる」という諺。

「犬も歩けば棒に当たる」という諺もありますが、

幸いにも、まだ蝉丸は散歩中に棒にあたったことはありませんです(^^)V


それにしても、冒頭の英国の諺を飼い主が二十年前に知っていたら、

きっと娘たちのために、同性の牝(めす)の子犬を飼い始めていたことでしょうね。

娘一人に一匹ずつで・・・・・計三匹・・・・・・・

とてもそんなには飼えないか。。


縄文時代の遺跡から、埋葬された犬が発掘されているように、

最も古くから人間と暮らし始めた動物であると云われている犬に関しては、

たくさんの諺があるようです。

・犬も歩けば棒に当たる
・夫婦喧嘩は犬でも食わぬ
・犬が西向きゃ尾は東
・犬猿の仲
・犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ
・飢えた犬は棒を恐れず
・兎を見て犬を放つ
・尾を振る犬は叩かれず
・吠える犬は噛みつかぬ
・煩悩の犬は追えども去らず
・犬の遠吠え
・脳なし犬は昼吠える

ふぅ~~~  

調べれば、まだまだ出てきそうです。

ちょっと調べただけでこれだけの数の諺が出てくるということは、

それだけ犬が人間の生活に密着して、

人間とともに生きてきた証拠ともいえるんでしょうね。


でも、否定的な意味合いで「犬」を使った諺がほとんどです。。

う~~~ん、どうしてかなぁ~~(・・)

まぁ犬を引き合いに出して、人間様を偉く見せたかったんでしょう。


しかし、犬を飼い始めるのは、子供が生まれたときだけではありません(・-・)(。_。)

我が家では、こんな風に言い換えちゃいます(*^_^*)

****************************************************
子供が大きくなったら親は(絶対に)犬を飼いなさい!!

親が元気な時、クンクン甘えて子供の代わりとなるでしょう(#^.^#)

親が足腰が弱ってきた時、親の良き散歩相手となるでしょう(^.^)

親が寝たきりになった時、親の良き介助犬となるでしょう(・-・)

・・・???・・・???・・・???・・・???・・・
****************************************************

最後が・・・・・続かない・・・・


それに・・・蝉丸に介助犬は・・・無理だろうな(×_×)


蝉丸が我が家にやって来て、まもなく一年。

これからも末永いお付き合いが続きます(*^_^*)

(葦簀で出来た日陰でお昼寝中。今夏の定位置になりそう)
DSCN0654_140.jpg

(最近オヤツを食べ過ぎ!! あげる方もいけないけど・・・)
DSCN0655_141.jpg

DSCN0680_142.jpg


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/19(日) 17:27:40|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

手作りご飯(#^.^#)

夕べの雨もあがっていたせいか、蝉丸は今朝は4時過ぎから騒ぎ出し、

飼い主は5時前から散歩に出動です。


堤防の土手の草は、朝露か夕べの雨でびしょ濡れですが、

蝉丸は草をかき分け喜々として歩き回ります。

おかげで、体中びっしょり。。

帰ってからの手入れが大変なんだなぁ(T_T)(T_T)(T_T)

(濡れた体の手入れ中。タオルで拭く→ドライヤーです)
DSCN0600_133.jpg


早朝は20度だった気温も、8時をまわるころには28度に・・・

ジトーッ、蒸し暑い一日になりそうです。

風がなく湿度も高いのか、不快指数急上昇です。


そこで先週に引き続き、忍山川(おしやまがわ)に。

夕べの雨で、増水しているかと思いましたが、

水量は先週とほぼ同じ。

上流の山の保水力が優れているんでしょうか。


今日の蝉丸は、自分から川に入って、水を飲んだり、歩き回ったり。

先週の水嫌いの蝉丸はどこかに行ってしまったかのようです(^O^)

きっと冷たい水の気持ちよさがわかったんでしょう。

川にはもう6月も半ばなのにオタマジャクシが・・・・それだけ水温が低いんでしょうね。

(川辺を歩いたり、流れにはいったりして、楽しそうです)
DSCN0623_136.jpg

DSCN0626_137.jpg

(オタマジャクシ発見!!)
DSCN0629_138.jpg


帰宅後、蝉丸はぐたぁ~~

早朝に5キロメートルほど散歩し、

さらに川で遊んだので疲れちゃったみたいです。


今日の我が家は、飼い主と蝉丸だけ。

後の家族は出かけて、帰りは夜。

牡同士の一日です(#^.^#)  

暑苦しい(´ヘ`;)ハァ


飼い主は、バテ気味の蝉丸に美味しいものをつくってあげようと、

冷蔵庫をあさると・・・・・冷凍庫に豚ロースを発見。

ちょっと古いかも・・・・・


でも豚肉は、体を冷やすっていうから、今の蝉丸にはぴったりの食材です。

早速、解凍して、フライパンで茹でて、肉を取り出し、そして茹で汁は・・・・・

野菜を入れて、あんかけ風ご飯にすることに。


ヒジキを水で戻して、茹で汁に投入。

さらにミックスベジタブル、かつお節を追加して、沸騰したところに、

水溶き片栗粉をいれ、手早くクルクルと。

なかなかの腕前です。あんも完成しました。


と、ところが、ヒジキって、色が出てくるんですね。

飼い主のイメージでは、半透明のあんの中に、

黒いヒジキとにんじんやグリーンピースが浮かんだ

ちょっと涼しげなあんをイメージしていたんですが。。。


意に反して、あんそのものが真っ黒になってしまいました。

まるで蝉丸。

「豚ロース野菜あんかけご飯蝉丸風」とでも名付けましょうか(^。=)

(キャベツで彩り鮮やかになりました)
DSCN0649_139.jpg


蝉丸は、大喜びで食べてくれました。

たまには手作りご飯も良いようです。

またつくってあげようっと(^^)V

ところで、飼い主の夕飯、どうしよう???

DSCN0610_134.jpg

DSCN0613_135.jpg


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/12(日) 15:31:18|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川遊び

先週心配した蝉丸の便秘は、火曜日に解決(*^_^*)

家人曰く。「ドッカァ~~ン」

なかなかのものだったようです。痔にもならずにメデタシです(*^_^*)(*^_^*)



さて、昨日は、梅雨の合間の晴天でしたが、暑い一日でした。

早朝の散歩の時には、20度を下回っていた気温も、

午前11時くらいには、30度にとどかんばかり。

蝉丸も急な暑さのためか、日陰でげんなり気味です。

色黒のため、見ている方も、余計に暑苦しく感じてしまいます。

気のせいか、食欲も落ちているよう・・・


少し涼しい思いをさせてあげようと、

山に行こうか、それとも川に・・・  色々と考えたあげく、

桐生の山奥にある川に連れて行くことにしました。

場所は、桐生の梅田という所を流れる忍山川(おしやまがわ)という所です。


お昼くらいに、蝉丸を車に乗せ、レッツゴー(*^_^*)

蝉丸は、車の中で前を見据えて、どこに行くのか気にしているよう・・・・

今日は、動物病院ではありません( ^)o(^ )

(車の中でよい子の蝉丸)
DSCN0597_131.jpg



梅田に入り、桐生田沼線を左折し、しばらく行くと、

家族連れが良くBBQや川遊びをする、少し開けた場所があります。

蝉丸を川に入れるのは、今日が初めてなので、

浅瀬があり、流れも穏やかなこの場所で遊ばせることにしました。


今日は2組くらいの家族連れが、お弁当を持参で河原にいました。

子供が5~6人、川にはいって遊んでいます。

蝉丸を連れて、河原に下りていくと、

子供たちが寄ってきて、蝉丸を見て、

「可愛い」「なんて言う名前ですか」「触っていいですか」

蝉丸は、ちょっとした人気者です。


子供たちと一緒に川に入ることにしました。

飼い主が先に川に入り、リードを引いて蝉丸を川に入れようとしますが、

蝉丸は河原に立ち止まり、ちょっと抵抗。

水に入るのが嫌なようです。


川底が砂利なので、水は透明で、とってもひんやりしています。

水深も30センチくらい。

たとえ蝉丸が金槌でも、おぼれる心配はありません。

無理矢理リードを引いて、蝉丸を川に引っ張り込みます。

最初は水の冷たさに驚いたようですが、しばらくすると慣れたのか、

蝉丸は川の中をトコトコと歩き始めます。

DSCN0592_130.jpg


子供たちに、水鉄砲で水をかけられたり・・・・

なかなか楽しいひとときです。

(川を散歩する蝉丸)
http://www.youtube.com/watch?v=cjHsKNewKSY

(水を出たがる蝉丸)
http://www.youtube.com/watch?v=J2pX5mLELRI

でも、やっぱり水が嫌なのか、20分くらい、子供たちと遊んだり、散歩したりで、

涼しさを満喫しました。

蝉丸を拭くタオルを忘れたため、辺りをしばらく散歩して、帰路につきました。

次回はもう少し上流で遊ばせたいなぁ~


(帰宅後、オヤツを食べる蝉丸)
DSCN0598_132.jpg


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/05(日) 21:00:59|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

semimaru

Author:semimaru
甲斐犬「蝉丸」です。
よろしく(゜)(。。)ペコッ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ペット (360)
日本犬 (1)
甲斐犬 (2)
蝉丸 (357)
未分類 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR