fc2ブログ

蝉丸閑話(せみまるかんわ)

甲斐犬「蝉丸」のブログです。 2010年7月17日、我が家にやって来た蝉丸をめぐる日常を綴っていきます。  不定期更新ですm(__)m

孫が来た!!

IMG_5028.jpg


東京から孫たちがやってきました。

金曜日の午前、飼い主が次女や孫たちと付き添って、特急列車に乗って、

三泊四日の里帰りです。

我が家に入るや否や、「蝉丸の骨が見たい!!」と。

じっと見つめていました。

今回の里帰りは、次女が高校の同級生と会うためだとか。

豪州に居住しているので、数年ぶりの再会だそうです。

週末の群馬は、40度近い高温で連日の熱中症警報。

デッキに設けたプールで孫たちは大喜び。

蝉丸がいなくなってからモノクロ色だった我が家が、

久しぶりに天然色に染まるようでした。


IMG_5029.jpg

IMG_5030.jpg

IMG_5032.jpg

IMG_5033.jpg

IMG_5034.jpg

IMG_5035.jpg

IMG_5036.jpg


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2022/06/26(日) 09:00:00|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫の捉え方

IMG_5024.jpg


孫が蝉丸の絵を描いてくれました。

右上に太陽、その左側に蝉丸と仲良しのお化け。

下段の真ん中が飼い主で、左側が山の神。

届かないところに行ってしまったので、

「蝉丸〜〜」と名前を呼びかけているそうです。

そして右側が、孫自身。

説明を聞いていると、明るい画風ながら哀愁が漂っていて、

意外に本質を捉えているなぁと思いました。

今週末に母親(次女)ともども二泊三日で里帰りにやってきますが、

蝉丸の遺骨の埋葬はもう少し先。

四十九日に予定しているので、7月の三連休に考えています。

墓標はどうしようかぁ〜〜〜

このブログもどうしようかなぁ〜〜〜

ぼんやりと、色々考えています。

今しばらくお付き合いください。


PXL_20220614_120049312_Original.jpg


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2022/06/19(日) 09:00:00|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お別れの挨拶だったのか??

IMG_5001.jpg


飼い主が、生前の蝉丸と最後に撮った一枚です。

当日、夜中に何度も起きて蝉丸の様子を見ていた飼い主は、

体にだるさを覚えて、午前九時過ぎに、蝉丸の隣に横になって、

蝉丸の前脚を握りながら、「蝉丸、蝉丸」とか「ワン、ワン、ワン」と

蝉丸に、ちょっとふざけながら語りかけていました。

すると、珍しいことに蝉丸も、「ワン!!」と応えてくれました。

ちょうど、孫からビデオ通話が入っており、

孫が、「蝉丸、蝉丸!!」と呼びかけると、

耳をピンと立てて、「ワン、ワン!!」と何度も応えてくれます。

飼い主や山の神、孫の呼びかけに、十回程度でしょうか、

掠れた声で必死に応えてくれました。

蝉丸が息を引き取るちょうど五時間前のことです。

いつもと異なる蝉丸の様子は、今でもしっかりと記憶に残っています。

何を伝えたかったのかなぁ??

「今までお世話になりました。」

「たくさん遊んでもらえて楽しかったです。」

「もっと美味しいものを食べたかったです(笑)」

今更ながら、勝手に蝉丸の気持ちを忖度する飼い主です。

あと一週間で、蝉丸の最初の飼い主の十三回忌がやってきます。

「蝉丸、やっと来たな!!」「ワン、ワン、ワン!!」

あの世でそんなやりとりをしているんじゃないかと想像すると、少し気が紛れます。


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2022/06/12(日) 09:00:00|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一週間経ちました。

IMG_5011.jpg


蝉丸が息を引き取ってから、今日でちょうど一週間が経ちました。

急拵えの祭壇には、蝉丸の遺骨に、蝉丸もどき蝉ガラスを一緒に飾り、

蝉丸の訃報を知った飼い主の友人からいただいた、

立派なフラワーアレンジメントが供えられています。


IMG_5012.jpg


当日、飼い主は午後二時半に散髪の予約があったため、山の神に車で送ってもらい、

散髪終了後に、スマホの着信露歴を見て山の神に掛け直したところ、

蝉丸が息を引き取ったことを知りました。

急いで自宅に戻ると、山の神がポロポロと涙をこぼしながら、

蝉丸の体を清めているところでした。

聞くと、山の神が自宅に戻ると、蝉丸は息も絶え絶えで、両脚を伸ばしており、

目の前ですぐに息を引き取ったとのこと。

飼い主が手で触れてみると、まだ温もりが感じられました。

とても穏やかな顔つきでした。


IMG_5013.jpg


飼い主が戻るまでの間、山の神が市営の斎場に問い合わせ、

いろいろな条件を確認し、翌日午前9時に蝉丸の荼毘の予約をしました。

ペットは、段ボール箱(縦40cm×横60cm×高さ30cm以内厳守)に入れること。

焼却炉に入れられるのは、段ボールと遺体、下に敷く新聞紙、口許に少量のオヤツのみ。

最大25kgまでのペットは荼毘が可能。

蝉丸は、痩せてしまって体重が10kg未満だったので、費用は税込で3300円でした。

なお、市営の斎場で取り扱うので、改めて役所への死亡届は提出不要とのこと。

また、コロナ禍のため、飼い主の立ち会いは不可で、遺骨は夕方4時に引渡し。

遺骨の引き取りを希望する場合は、骨壷の準備は間に合わないだろうから、

クッキー等の空き缶で代用する人がほとんどであるとのこと。

取扱件数が多いのか、きちんとルールが定められているようです。


IMG_5014.jpg


翌日午前9時に斎場に蝉丸を連れて行くと、係の人が丁寧に対応してくれ、

蝉丸を火葬場の係の方に預けて、一旦自宅に戻り、

夕刻、蝉丸はクッキーの空き缶に収まって我が家に戻ってきました。

四十九日までリビングで供養した後、娘や孫たちを呼び寄せて、

我が家の窓からよく見える裏手のスペースに埋葬してあげようと思っています。

蝉丸が倒れてから1ヶ月と少しの期間、

介護や通院などできることは手を尽くした感があります。

でもいなくなってしまった今、飼い主は虚脱と寂寥に襲われているんです。


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2022/06/05(日) 07:00:00|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

semimaru

Author:semimaru
甲斐犬「蝉丸」です。
よろしく(゜)(。。)ペコッ

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ペット (625)
日本犬 (1)
甲斐犬 (2)
蝉丸 (622)
未分類 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR