蝉丸閑話(せみまるかんわ)

甲斐犬「蝉丸」のブログです。 2010年7月17日、我が家にやって来た蝉丸をめぐる日常を綴っていきます。  不定期更新ですm(__)m

蝉丸も入院することに・・・・・


DSC_0007_952.jpg


しばらく前から、蝉丸が右の後脚をかばう仕草を見せるようになりました。

立っている時も、あまり体重をかけないように脚を浮かせ気味にしています。

時々脚を後ろ方向に突き出すようにあげています。

まるで、「青田赤道」みたい・・・・


筋(スジ)でも痛めたのかと思い、しばらく様子を見ているうちに、

飼い主の入院騒ぎで、その後観察が疎かになっていましたが、

飼い主も無事に退院し、じっくりと様子を見ているとやっぱりおかしい。


DSC_0001_953.jpg

写真 (10)_954


飼い主が、右後脚を触診して、痛い場所を確認しようとしても、

全く痛がる様子を見せないし、

散歩の時は、痛がる様子をみせずに飼い主を引きずるような勢いで引っ張っていく。


でも、おかしい。。。 山の神も同じ意見。


週末の土曜日、行きつけの動物病院で、


混合ワクチン接種やフィラリア予防とあわせて診察してもらうことに。。

先生に状況を説明し、レントゲン検査をしてもらった診断結果は、

前十字靭帯断裂」とのこと。


DSCN3927_955.jpg


要するに、膝の皿を支える靭帯が切れて、皿がズレている。

・靭帯が断裂する原因は不明。

・放置すると、数年後には歩行困難になる。

・オペをすれば、ほぼ完治する。

・入院期間は、2週間程度。

・とりあえず痛み止めを処方するが、散歩はできるだけ控えめに。

・脚を後方にあげるのは、ズレた膝の皿を元の場所に戻そうとする動作。


先生のわかりやすい説明を聞いて、4月7日(月)に入院することに決定しました。

ネットで調べると、犬がびっこを引く原因の中には、

骨が腐る病気もあったため、オペで治ると聞いて、飼い主も一安心(^_^)v


DSCN3930_956.jpg


それにしても、飼い主に習って、蝉丸も入院することになるとは・・・・・


散歩の時に、蝉丸が痛がらずに歩くのは、

「三度の飯より、散歩が好き」だからかな???


DSCN3931_957.jpg


ではまた


にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/03/29(土) 14:14:14|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鎮痛剤飲んで、スタコラサッサ)^o^( | ホーム | リハビリ(*^_^*)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaikensemimaru.blog74.fc2.com/tb.php/192-7c46466d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

semimaru

Author:semimaru
甲斐犬「蝉丸」です。
よろしく(゜)(。。)ペコッ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ペット (367)
日本犬 (1)
甲斐犬 (2)
蝉丸 (364)
未分類 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR