蝉丸閑話(せみまるかんわ)

甲斐犬「蝉丸」のブログです。 2010年7月17日、我が家にやって来た蝉丸をめぐる日常を綴っていきます。  不定期更新ですm(__)m

蝉丸、吾妻山に登る\(^_^)/

先週の里山歩きに続き、今週は吾妻山登山に挑戦です。

吾妻山は、桐生市の北西部にある標高481mの山で、ハイキングで親しまれています。

気軽に登れる山なので、我が家の近くには、毎朝山頂まで登るのを日課にしている人もいます(;^_^;)

飼い主は麓の吾妻公園には行ったことがありますが、吾妻山に登るのは初めて。

しかも、犬連れなので、少々不安です。ネットで十分下調べをして挑戦です(^-^)/


さて、今週火曜日は会社が休みで、ちょうど天気も良かったので、

自宅を11時過ぎに出発し、吾妻山の麓にある吾妻公園に駐車。

駐車場は、平日にもかかわらず、車が一杯。埼玉や栃木ナンバーの車もあります。

蝉丸が登山道をふらふらして、他の登山者の邪魔にならないよう、

通行の少ないお昼時を狙ってきたんですが、予想が外れました。


「蝉丸、お行儀良く登ってくれ」と念じつつ、登山開始です。

吾妻公園を抜けて、遊歩道をあがり、登山道に入ります。

吾妻山山頂までは、1.4km。

慣れた人で30分、ゆっくり登って60分のコースだそうです。

DSCN0088_029.jpg

登山道を歩いていくと少しずつ傾斜がきつくなり、目の前には急斜面の岩場が・・・・・・(O.O;)(o。o;)

そして、「男坂、女坂」の標識があります。

男坂は急斜面、女坂は迂回路を通る緩斜面です。

勿論、飼い主は、緩斜面の「女坂」を選択。

しか~~し、女坂といって、なめてはいけなかった。

結構な角度の斜面です。

蝉丸は、ひょういひょいと登っていきますが、飼い主の太ももは早くも悲鳴を上げ始めています。

そうかぁ~ ここは、上州、「かかあ天下」と「空っ風」が名物です。

女坂の「女」って、上州女のことでしょうm(__)m 結構キツイ坂ですワン(笑)

(ひぇ~というような急な岩場です)
DSCN0096_022.jpg

DSCN0095_023.jpg

(こちらが女坂。最初はなだらかですが・・・・)
DSCN0089_028.jpg


なんとか斜面を登り切ると、「トンビ岩」と呼ばれる、見晴らしの良い岩場があります。

ちょっと一休みしている間にも、老若男女が脇を通り過ぎていきます。

中には、どう見ても80歳近いご老人も・・・・

釣り竿をもって腰に魚籠をぶら下げたら、お爺さんになった浦島太郎のような人なのに・・・・・

達者です!! 健脚です!! 感服です!!

(蝉丸、トンビ岩を制覇!! ワオオォーンと吠えれば狼みたいですが。)
DSCN0094_024.jpg


気持ちを新たにして、蝉丸と出発です。

しばらく行くと、また急斜面の岩場が・・・・

そして「第二男坂、女坂」の標識が・・・そういえばさっきの岩場には「第一」って書いてあったような。

う~~~ん。迷わず女坂を選択しました。


疲れた飼い主を蝉丸がグイグイと引っ張り女坂を登っていきます。

こういうときには、蝉丸の引っ張り癖に感謝です。

でも・・・・・・・でも・・・・・・・でも・・・・・・・

いつもの散歩の時は、飼い主は蝉丸を見下ろしているんですが・・・・

急坂を登っているので、目の前には蝉丸の尻がある・・・・・・・

「ええ~い!! 頭が高い!! ひかえおろ~!! この紋所が目に入らぬかぁ!!」

そうなんです。 蝉丸の黄門様が目の前です。

「へへぇ~~」 飼い主は視線を足下に移し、一歩一歩前に進みます。

頭の中では「水戸黄門」のテーマソングが鳴り響いてます。

曲にあわせて歩くと、気のせいか少し足取りが軽くなったようです(*^_^*)(*^_^*)

でも、オナラだけは勘弁して欲しいものです。

オナラをすると軽犯罪になってしまう国もあるようですね(笑)


そんなこんなをしているうちに、ようやく頂上に到着です。

実質所要時間は45分。 初めてにしてはまずまずです。


蝉丸もハァハァハァと。さすがに息があがっています。

水分を補給させ、しばらく休んで下山開始です。

(山頂にて)
DSCN0090_027.jpg

(ハァハァハァと息があがっています)
DSCN0092_025.jpg

(水をすごい勢いでゴクゴクと飲んでいます)
DSCN0091_026.jpg

(なかなかの景観です)
DSCN0001_030.jpg


下山では、今度は蝉丸の引っ張り癖が徒になってしまいました。

蝉丸は、ひょいひょいと岩場を飛び移っていきますが、

慣れない飼い主は、おそるおそる足場を確認しながら、岩場を降りていきます。

リードを短めにしっかりと持って、蝉丸の動きを制します。

帰り道は、蝉丸にとってはストレスが溜まったことだと思います。

登りと同じく、45分を掛けて、無事に下山しました。

なかなかの爽快感です。気のせいか、蝉丸も満足そう(#^.^#)


それにしても、普段散歩でそこそこの運動量は確保していると思ったんですが、

山に登って体力不足を痛感しちゃいました。

今度から、月一くらいで吾妻山に挑戦しましょう!!


そういえば、駐車した吾妻公園は、標高が147m。

標高481mの吾妻山との標高差は334m。

吾妻山登山は、東京タワーに上るのと一緒だったんですね。

道理でしんどいわけです。


余談ですが、

蝉丸のチェーンでお世話になった「鎖屋兄弟」さんの会社のHPに、蝉丸の写真を掲載していただきました。

http://www.yanase-ss.com/wankoshoukai.html(一番下にあります)

さらに、ブログにも、

http://blog.livedoor.jp/kusariya/archives/51814744.html

「鎖屋兄弟」さん、ありがとうございます。


ではまた

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/02/26(土) 19:55:01|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<犬の年齢 | ホーム | 里山散歩(^.^)>>

コメント

無茶苦茶アフターサービスのいい鎖屋さんですね

>甲斐犬は猟犬の血筋を引くだけあって、主人に忠実で主人以外には気を許す事がないと言われています。
そんな甲斐犬の蝉丸君ですが、今では立派なSさんの家族の一員として暮らしているようです。
甲斐犬が新しい主人と認めたという事実、これはきっと引き取られたSさんのお人柄が素晴らしいからこそ為せる業なのでしょう。

たしかに・・・
  1. 2011/03/02(水) 09:57:14 |
  2. URL |
  3. おにひめ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaikensemimaru.blog74.fc2.com/tb.php/28-46332634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

semimaru

Author:semimaru
甲斐犬「蝉丸」です。
よろしく(゜)(。。)ペコッ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ペット (377)
日本犬 (1)
甲斐犬 (2)
蝉丸 (374)
未分類 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR