蝉丸閑話(せみまるかんわ)

甲斐犬「蝉丸」のブログです。 2010年7月17日、我が家にやって来た蝉丸をめぐる日常を綴っていきます。  不定期更新ですm(__)m

残念でした(^o^)v

「天然記念物指定 甲斐犬愛護会 第134回展覧会」

これが、10月30日に蝉丸が参加した展覧会の正式名称です。

毎年4月の第一日曜日と10月の最終日曜日に開催されます。


当日は、早朝4時30分に自宅を出発。

蝉丸もまだ犬小屋に入っており、起こしても眠そうな様子です。


北関東自動車道 → 関越自動車道 → 圏央道 → 中央自動車道 というルートで、

韮崎市の河川敷公園に到着したのが、午前7時30分。

途中の休憩を入れて、210km、約3時間の行程です。


開会までまだ1時間以上あるのに、駐車場はほぼ満杯、甲斐犬もいっぱいです。

佐賀、神戸、宮城ナンバーの車もあります・・・・・皆さん、前日から泊まりこみなんでしょうか。




早速受付の手続きを行ったところ、出陳番号「3」番。

渡されたパンフレットを見ると、蝉丸が所属する「成犬牡の部」は、38頭が出るようです。

それにしても「3」番とは・・・・・ 多分、申込書の到着順なんでしょうが、早すぎます(;_;) 

知っていれば、申し込み手続きを遅らせたのに・・・・もう、後の祭りですネ(;_;)(;_;)


自宅から持参した「牛スジご飯」を少し食べさせてから、あたりを散歩させると、

他の甲斐犬の新鮮なおしっこの匂いに興奮した蝉丸は、地面をくんくん嗅いで動こうともしません。


力を込めてリードを引っ張ると、スポッと首輪が抜けてしまいました。

幸い、蝉丸は地面を嗅ぎまわっていて、逃げ出しませんでしたが、他の犬と喧嘩になったら一大事です。

首輪をチェックしてみると、一番きつい場所で皮のベルトを留めていたんですが、

その穴が大きく伸びてしまっています。

2週間前に買った新品の首輪なんだけど・・・・

蝉丸の引っ張る力で伸びてしまい、蝉丸が姿勢を低くして少し後退すると抜けてしまうようです。


「審査中に抜けてしまったら、どうしよう。」「他の犬と喧嘩しちゃったらどうしよう」

不安になった飼い主を余所に、蝉丸は地面をクンクンと嗅ぎまわるのでした(*^_^*)


当日の天気は曇りで、天気予報では午後から雨が降るかもしれないと・・・・

そのため、開催時間を30分前倒しして、午前の部:個体審査が始まりました。

個体審査は、「甲斐犬の資質を審査する」とパンフレットにはありますが、

前の2頭の犬の審査の様子を見ても、どこがポイントなのかさっぱりわからないまま、

飼い主と蝉丸は、直径4メートルくらいのサークルに入り、審査開始です。

(次が蝉丸の個体審査です)
DSCN1227_086.jpg

まずサークルの中央で立ち止まって、審査員が蝉丸を四方からチェックします。

蝉丸は、尻尾を振って、なんだか審査員に愛想を振りまいているよう。

「蝉丸、シャキッとしなさい」

飼い主はリードを上に引いて、蝉丸に気合を入れようとしましたが、尻尾をふりやみません。

「あかん!!」

相撲の立ち会いで、両力士は気合を込めて相手を睨みつけますが、

今の蝉丸は、形だけ土俵に手をついて、相手にニコニコ笑いかけている力士のようです..._φ(゚∀゚ )アヒャ

・・・・・まぁ・・・いつもの蝉丸ですが・・・・・


その後、口を開けて牙と噛み合わせを確認、

股間から手を入れてタマをさわり、サークル内をクルクル走らせて姿勢を見たようです。

そして・・・・・・・あっという間に、、前の2頭の半分位の時間で審査が終わってしまいました(;_;)

(こらっ、審査中だぞ!!)
DSCN1235_087.jpg


首輪が抜けなかった安堵感と、審査にうまく対応出来なかった失望感で、飼い主は複雑な気分です。


次の出番まで、ずいぶん時間があるため、韮崎市内に出て、ホームセンターで首輪を購入。

青色しかなかったけど、とりあえず間に合わせなので仕方ありません。


会場に戻り、散策して、南関東からやってきた老夫婦と少し話をしました。

甲斐犬を育てて、なんと25年。今日は、未成犬を出陳するようです。

その人が言うには、展覧会で上位を占めるような甲斐犬は、

5頭生まれても、そのうち1頭いれば良い方だと。

どれが良い甲斐犬なのかは、観察すれば大体わかるようで、

そういった犬を手元に残して、残りは家庭犬として、他人に譲るようです。


~~ 言葉通り、当日の展覧会で、この人の未成犬の甲斐犬が一席(1位)をとりました。流石です(^o^)v ~~

(過去の展覧会での上位入賞犬です)
DSCN1248_088.jpg

DSCN1254_089.jpg


そんなことをしているうちに、天候が崩れてきて、小雨が降り始めました。

スケジュールを前倒しして、早めに昼食の時間を取り、午後1時前から午後の部が開始です。


蝉丸が出る「成犬牡の部」は最後です。

総合審査では、「成犬牡の部」の犬が、会場に一列に並び、

その中から審査員が、午前の個体審査の結果を参考に、ポイントの高い犬を選んで、

列から前方に呼び、上位から順番を決めていきます。

(審査員が入場して、いよいよ総合審査開始。蝉丸は左から3頭目)
DSCN1258_090.jpg

会場に並んだ蝉丸は、飼い主の方を向いて、尻尾を振っています。

審査員に尻を見せてはいけません。

リードを操作して、前を向かせようとしても、すぐに飼い主の方を向いてしまいます。


蝉丸の体を抱えて前を向かせようとしたところ、蝉丸の心臓の鼓動がドクドクしています。

「あっ、こいつ緊張しているんだ」 普段と異なる環境と雰囲気にアガっているようです。

(前を向きなさい!!)
DSCN1265_096.jpg

(尻を見せちゃァダメ!!)
DSCN1269_097.jpg

(ダメだってばぁ(^_^;))
DSCN1268_091.jpg

(ちょっと落ち着いたかな)
DSCN1307_099.jpg

(最初から、こうだったらなぁ)
DSCN1301_092.jpg


そういえば蝉丸が以前住んでいた高崎市の動物病院の先生が、

「この犬は脱走グセがあるし、少々気が小さい(臆病)なところがある」と評していました。

大舞台は不得意のようです。


ようやく落ち着いてきた蝉丸が前に呼ばれたのは、残りが10頭くらいになった時でした。

38頭中、28位か29位の成績です。


参加賞として、「推奨犬証」のメダルをいただき、蝉丸の展覧会は終了です。

(立派なメダルです)
参加賞_100


生まれた時から、展覧会での入賞を目的に育てられた甲斐犬と、

自由気ままに育てられた蝉丸の差は歴然でした。


「蝉丸を展覧会に出して、良かったのかなぁ?」

そんなことを考えながら、飼い主一行は、宿泊地の芦安温泉に向かうのでした。

(ペンションでのメダル授与式です(^^♪)
DSCN1323_094.jpg


この続きはまた後で(^o^)v

ではまた

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/11/04(金) 05:03:17|
  2. 蝉丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<芦安温泉、そして帰路(^^♪ | ホーム | 参加賞でした(>_>>

コメント

Re: タイトルなし

ブログをご覧いただきありがとうございます。
遠方から大変ですね。

甲斐犬と関係無いですけど、
佐賀といえば、最近天山酒造の「七田」という日本酒にはまっています(笑)

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2011/11/06(日) 11:03:48 |
  2. URL |
  3. semimaru #-
  4. [ 編集 ]

初めまして!

展覧会お疲れ様でした。

佐賀ナンバーの車は多分、玄海親父と玄海号が乗ってきた車ですよ!
  1. 2011/11/06(日) 10:36:49 |
  2. URL |
  3. 玄海親父 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaikensemimaru.blog74.fc2.com/tb.php/66-25c36474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

semimaru

Author:semimaru
甲斐犬「蝉丸」です。
よろしく(゜)(。。)ペコッ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ペット (377)
日本犬 (1)
甲斐犬 (2)
蝉丸 (374)
未分類 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR